きずなエイジングけあ訪問介護事業所の詳細と介護士転職求人情報

きずなエイジングけあ訪問介護事業所の概要

         
郵便番号 〒905-0228
住所 沖縄県国頭郡本部町字伊野波278-5-1-105
電話番号 0980-47-3300
施設形態 訪問介護
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。
転職=国頭郡の求人介護施設を探す!
    求人応募が出てる介護施設を探す時、あなたは
  • 国頭郡のハローワークで探しますか?
  • 求人誌を買って探しますか?
  • フリーペーパーで探しますか?
  • 知人に紹介してもらいますか?
  • ネットで探しますか?

あなたの条件に合う転職先を探すのに、自力だけで探すのに限界を感じませんか?
国頭郡にお住いの方で介護職の転職活動に多くみられるのが、『人材紹介会社』に登録をして、国頭郡内の優良介護施設に転職する方法です。
では具体的に「どうやって」国頭郡の優良介護施設に転職するのか紹介します。

登録30秒、人気のきずなエイジングけあ訪問介護事業所をチェックしてみませんか?

30秒登録カイゴジョブ申込み
pr1カイゴジョブ申込み

国頭郡のおすすめの人材紹介会社とは

国頭郡のおすすめの人材紹介会社とは
  • 転職決定数No.1の会社
  • 非公開求人や限定求人を多数保有してる会社
  • 5分程で登録が出来る会社

この3つの条件をクリアーしていれば0980-47-3300の優良介護施設に転職するチャンスが広がります。
では具体的に「メリット」を紹介します。

国頭郡の人材紹介会社に登録する3つのメリット

国頭郡の人材紹介会社に登録する3つのメリット
  • 転職活動の効率化
  • 転職の選択肢が広がる
  • 複数社同時登録が出来て情報が集めやすい
介護士さんを募集してる国頭郡の介護施設

介護の資格をお持ちでなくても大丈夫!
就職してからキャリアアップする事も出来ますし、まず、あなたが無理なく勤務出来るのか?
実際に介護の仕事に就いてから考えても遅くはありません。
あなたの希望通りの就職をお手伝い!
仕事も大切!でも自分の生活が充実してないと・・・
国頭郡の人気の介護施設の募集は求人掲載後すぐに定員に達してしまいます。
そこで、おすすめしたいのが介護職求人サイトランキングで非公開の介護施設の求人を探す方法です!

おすすめ介護職求人サイト

カイゴジョブ

カイゴジョブ

カイゴジョブは、東証一部上場企業のエス・エム・エスが運営する介護専門の転職求人サイトです。
全国で3万件以上の求人情報を掲載。45万人が会員として登録しており、求人情報は他社と比較しても充実しています。

有料老人ホーム、グループホーム、デイサービスなどの各種施設形態や、ケアマネ、ヘルパーなどの職種から検索が可能な介護転職サイト。
事前に会員登録が必要ですが求人数が多いため、直接応募をされたい方におすすめの介護求人サイトです。

対応地域全国に対応
求人数約39,000件
人気度★★★★★

カイゴジョブ申込み

希望を叶える好条件・好待遇の介護求人情報

転職・就職活動に行き詰ってませんか。 介護職のお仕事探しが、早く・楽にできる情報があります!

10年後には4人に1人が高齢者になるといわれています。

現在も、これからも介護のお仕事は増える傾向にあります。

これから介護業界の環境がどんどん見直されていきます。

介護職への転職・就職に追い風が吹いてきます。

このような介護業界への転職・就職ですから、10年後、20年後を見据えて、自分のキャリアアップにつながるような就職・転職したいですよね。

ですが…

◇これから10年、20年先を見据えた働き方って??

◇自分の理想や希望にあった介護施設はどこ?? 

◇自分の資格はどこで活かせる??

◇これからどんな資格をとればいい??

◇働きながら資格が取れる介護施設は??

など、1人で考えてもなかなか先へ進まず、時間がかかるばかりです。

もし、介護職への転職・就職でお悩みをお持ちなら、介護職の求人が豊富なサイトの求人情報をご覧になることをお勧めします。

しかも、介護業界で最大級の転職支援サイトでは、専任のエージェントがあなたの悩みを解決し、最も適した介護の求人を紹介してくれます。

完全無料で、登録はカンタン30秒!

最短3日でお仕事を開始できるかもしれません。

◆1日でも早く就職・転職したい方

◆少しでも好条件・好待遇の求人をお探しの方

に特におすすめです。

活躍の場がどんどん広がっている業種です。

高齢化が加速している現在の日本では、老人ホームやディケア、一部のグループホーム等の、介護を必要とする人達は多く、常に介護に携わる人は不足しています。

その中でも介護士は、正式名称を介護福祉士と言い、介護との現場において、介護をする人と、介護される人にとって重要な存在です。

介護福祉士は各地の市町村に存在する、有料の施設や公営の施設において、介護する人を指導するのが主な仕事となります。介護の現場で統括的な仕事をする者となります。

現在介護士求人は大変高く、求人情報は沢山あります。特に、市町村の福祉を扱う部門に籍を置き、在宅で介護支援を求めている方のお宅へ訪問し、どんな介護を必要としているかなどの聞き取りをしたり、聞き取りした内容を検討した上で、実際に介護にあたる人達に伝えたり、指導を行ったりします。

介護士求人や求人情報は市町村だけではなく、民間の介護施設でも多くあり、活躍の場がどんどん広がっている業種です。

介護職に派遣で働いています!

介護職派遣求人を探している方の多くが、育児・子育てや親の介護などを理由にフルタイムで働けない状況にあります。
中には、ご自分の資格取得やキャリアアップのための時間を捻出するために、一定期間は働く時間をセーブしたいというケースもあります。
それでも「働きたい」「稼ぎたい」という気持ちが強いからこそ、「派遣」という形で働くことを選択されています。

介護の現場で「派遣」として働いている先輩たちの生の声・体験談をご紹介します。

介護職の派遣で働いています!◆子供中心の生活を守りながら、進学費用にも備えたかったんです
中学生の息子が二人います。今後、二人が進学していくことを考えるとお金は貯めたい。でも、部活に受験にと、毎日、子供たちのことに追われる日々で、社員として働くのは無理・・・。
そこで介護専門の転職サービスに相談したのですが、出産前に働いていたキャリアを認めてくれて、いくつかの施設を好条件で紹介してくれました。
今、お仕事しているのはデイサービスなので、夜勤もなく、シフト制で土日にも休みが取れます。
こんなに融通が聞くのに、給与がしっかり常勤並みにもらえるので、お金の不安が解消されて、本当によかったです。
子供の塾の費用や受験にかかる費用も順調に貯金できるようになり、「派遣」を選択して本当によかったです。

◆介護との両立には、派遣の日勤がすごく便利でした!
最近、父の介護が必要になりました。姉も協力してくれますが、姉はお店をやっているのと、3人の子育てであまり関われません。私も収入が必要なので働かないわけにはいかず、介護専門の派遣を紹介してくれるところに登録してみました。
担当者さんがすごく親身になって私の話を聞いてくれて、派遣を決めるときにも心強かったです。
担当者さんとよく話し合い、週4日の日勤のみの有料老人ホームを紹介してもらいました。派遣契約でしっかり帰れるので安心です。元気な高齢者の方が多く、今は仕事が介護の気分転換になっています。

◆初めての業種だから自分に合う施設形態を探せてよかったです。
ずっと勤めていた会社を退職。これからは介護だと思い、ヘルパーの資格を習得しました。でも、いざ働くとなると、色々な施設形態があり、“自分には何が合うのか”がわかりませんでした。
派遣という働き方は、さまざまな職場にトライできるのがいいところ。個人での転職活動は情報収集したり条件交渉したりと何かと面倒だと思いますが、介護専門の転職サービスに紹介してもらうので、仕事探しがすごくスムーズにできました。
いろんなタイプの施設で経験を積み、今は特養に絞りました。同じ特養でも施設によって雰囲気がかなり違うのが面白くて、今は派遣で色んな職場で働いていきたいと思っています。

介護施設の種類と特徴

介護施設の種類と特徴

デイサービス
自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、 日中の一時的なケアを提供する場所。介護スタッフによる送迎サービスのある施設がほとんど。

【特徴】夜勤がない。日曜日が休みの施設が多い。レクレーション中心、機能訓練中心など、施設により特徴がある。

特別養護老人ホーム
身体や精神に障がいがあるなどし、家庭での介護が難しい人(65歳以上の要介護者)を長期的視野で介護提供する場所。

【特徴】医師、看護師が常勤しているため、医療的な不安がない。介護度の高い方が多いため、技術が高まる長期的なケア提供が可能。

グループホーム
認知症対応型共同生活介護事業所。要介護度1以上で、認知症状があるものの、自分の身の回りのことは自分で出来るという高齢者が地域社会の中で共同生活を行う場所。
スタッフは、積極的な介護提供を行うというよりは苦手なことや出来ないことを助ける黒子的役割。

【特徴】少人数制(1ユニット9人以下)のため、変化に気付きやすい。施設でありながら、家庭的な雰囲気である。提供する介護ではなく、共に行う介護を学べる(家事支援も必須)。

有料老人ホーム
主に60歳以上の自立高齢者が生活をする住居。 民間企業が最も多く参入しており、中にはホテル並みの接遇でサービスを行うホームもある。入居条件や部屋タイプなどは、施設により大きく異なる。

【特徴】同僚のケアを学べる。昇給昇格、キャリアプランなどが分かりやすく体系化されている場合が多く、将来的なビジョンを描きやすい。

ショートステイ
短期入所生活介護。自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、 一時的な宿泊サービス提供する場所。

【特徴】様々な状態の利用者に接することが出来る。介護の高い方は、比較的少ない。

サービス付き高齢者向け住宅
一般賃貸住宅の内、主に60歳以上の自立高齢者の入居を主とする住宅。一般住宅のため、入居条件等は物件により異なる。極めて一般的な個宅式のものから、キッチンやリビング、浴室を共有部にも設けたものなどさまざま。

【特徴】訪問宅が同一建物内のため、移動にデメリットがない。在宅でも、同僚が近くにいるから安心。

老人保健施設
入院の必要がなくなった、マヒやけがの症状が安定した高齢者(65歳以上の要介護者)が自宅復帰する前に、短~中期的にケアする場所。
※3カ月、6カ月の単位で入所する施設。自宅に戻ることが前提。

【特徴】機能回復を目指した介護を行うため、快復(もしくは維持)への変化が実感できる。多くの職種のスタッフがいるため、ケアへの多様なアプローチが学べる。

小規模多機能施設
自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、日中の一時的なケアを提供する場所。介護スタッフによる送迎サービスのある施設がほとんど。

【特徴】在宅サービスでありながら24時間の状態把握が可能。訪問看護、訪問リハなどとの組み合わせが可能となり、ケアの知識の幅が広がる。

訪問介護
自宅で生活をしながら、介護を受けている人のご自宅に訪問し、その家庭のやり方にそった介護提供を行うサービス。
※サービス提供は、原則ヘルパー1名で行う。

【特徴】一対一で介護が出来る。自宅近くで土地勘を活かしながら働ける。のびのび働ける。時間単位で動ける。

訪問入浴
ご家庭の浴槽で入浴することが困難な方のご自宅に、専用の浴槽を積んだ入浴車で訪問して入浴を行うサービス。高齢者に限らず、重度障がい者へのサービス提供もある。

ケアハウス
助成制度が利用できるため、低所得者の比較的費用負担が少なく、60歳以上の高齢者が、食事や洗濯などの生活介護を受けられる施設。


沖縄県の具体的な介護取組内容(参入促進)

介護の3つの魅力(楽しさ・深さ・広さ)の情報発信によるイメージアップ

○(1)高校訪問:高等学校進路指導担当教諭に対し、福祉・介護職の魅力や需要の高さ等を説明、進学に関する相談・助言
○(2)進学説明会:離島を含む県内高校の高校生に対する職業説明や個別進学相談の実施
○(3)オープンキャンパス:職業紹介や体験、在校生や教員による個別相談
○(4)職業講話:小~大学生、一般県民に対し福祉・介護の仕事の大切さと魅力を伝える
○(5)啓発チラシの配布:高校訪問、オープンキャンパス、介護の日関連イベントの際に配布し、福祉・介護の仕事の魅力を伝える

⇒●約2,000人に対する啓発
●介護福祉士養成施設 50人の入学

その他の「参入促進」の取組

○介護福祉士等修学資金貸付事業
○介護福祉士等養成施設に在学し、資格取得を目指す学生に対して修学資金の貸し付けを実施

⇒●91名に対し7,072万円の新規貸し付け

沖縄県の具体的な介護取組内容(資質の向上)

マネジメントや医療的ケア・認知症ケアなどの研修の受講支援

○訪問介護事業所におけるサービス提供責任者の資質向上を目的とする研修を開催【基金】
○喀痰吸引等業務を行う介護職員等を養成するため、介護職員向け研修及び指導者向け研修を実施【基金】
○認知症患者への適切な対応を確保するため、医療・介護従事者に対して研修を実施【基金】

⇒●医療的ケアの実務者を330名養成
●マネジメントの実務者を60名養成
●認知症ケアの実務者を386名養成

その他の「資質の向上」の取組

○市町村、日常生活圏域等に配置される生活支援コーディネーターの養成研修を実施【基金】
○成年後見人の養成及び活動を支援する事業を実施【基金】
○権利擁護支援体制を構築するために、地域支え合い協力員、生活支援員等を養成する研修を実施【基金】

⇒●生活支援コーディネーターを157名養成
●市民後見人を35名養成
●権利擁護の支援者を57名養成

人材育成に取り組む事業所の認証評価制度の検討状況

【現状】
沖縄県人材育成企業認証制度(平成25年11月に創設した、行政が人材育成に優れた企業を認証する全国初の制度。商工労働部雇用政策課が所管。)を創設している。
平成26年度実績:9社が認証取得。うち介護部門は1社。

【今後】
同制度の認知度が十分ではないと思われるので、集団指導等を通して広く周知及び利用促進を働きかけていく。

ページの先頭へ