宜野湾市ケアハウスの介護士転職求人情報

宜野湾市ケアハウスの求人介護施設を探す!

宜野湾市ケアハウスの求人介護施設を探す!
  • 宜野湾市のハローワークで探しますか?
  • 求人誌を買って探しますか?
  • フリーペーパーで探しますか?
  • 知人に紹介してもらいますか?
  • ネットで探しますか?

あなたの条件に合う転職先を探すのに、自力だけで探すのに限界を感じませんか?
宜野湾市にお住いの方で介護職の転職活動に多くみられるのが、『人材紹介会社』に登録をして、宜野湾市内の優良介護施設に転職する方法です。
では具体的に「どうやって」宜野湾市の優良介護施設に転職するのか紹介します。

宜野湾市のおすすめの人材紹介会社とは

宜野湾市のおすすめの人材紹介会社とは
  • 転職決定数No.1の会社
  • 非公開求人や限定求人を多数保有してる会社
  • 5分程で登録が出来る会社

この3つの条件をクリアーしていれば宜野湾市の優良介護施設に転職するチャンスが広がります。
では具体的に「メリット」を紹介します。

宜野湾市の人材紹介会社に登録する3つのメリット

宜野湾市の人材紹介会社に登録する3つのメリット
  • 転職活動の効率化
  • 転職の選択肢が広がる
  • 複数社同時登録が出来て情報が集めやすい
介護士さんを募集してる宜野湾市の介護施設

介護の資格をお持ちでなくても大丈夫!
就職してからキャリアアップする事も出来ますし、まず、あなたが無理なく勤務出来るのか?
実際に介護の仕事に就いてから考えても遅くはありません。
あなたの希望通りの就職をお手伝い!
仕事も大切!でも自分の生活が充実してないと・・・
宜野湾市の人気の介護施設の募集は求人掲載後すぐに定員に達してしまいます。
そこで、おすすめしたいのが介護職求人サイトランキングで非公開の介護施設の求人を探す方法です!

おすすめ介護職求人サイト

カイゴジョブ

カイゴジョブ

カイゴジョブは、東証一部上場企業のエス・エム・エスが運営する介護専門の転職求人サイトです。
全国で3万件以上の求人情報を掲載。45万人が会員として登録しており、求人情報は他社と比較しても充実しています。

有料老人ホーム、グループホーム、デイサービスなどの各種施設形態や、ケアマネ、ヘルパーなどの職種から検索が可能な介護転職サイト。
事前に会員登録が必要ですが求人数が多いため、直接応募をされたい方におすすめの介護求人サイトです。

対応地域全国に対応
求人数約39,000件
人気度★★★★★

カイゴジョブ申込み

条件のいい高待遇の介護職求人情報

介護施設への転職は、現在売り手市場と言われています。
条件のいい高待遇の介護職求人情報は、非公開求人となっていることがほとんどです。

案件の数も非常に多く、

・正社員
・契約社員・パート/その他

といった雇用形態

・機能訓練指導員
・管理職・サービス提供者
・生活相談員
・ケアマネージャー
・ヘルパー
・家事代行スタッフ
・管理栄養士
・医療事務
・介護事務
・送迎ドライバー
・看護師

などの職種や、

・ヘルパー2級
・ヘルパー1級
・介護職員基礎研修
・介護職員初任者研修
・実務者研修
・介護福祉士
・介護支援専門員
・社会福祉士
・社会福祉主事任用
・精神保健福祉士
・理学療法士
・作業療法士
・言語聴覚士
・看護師
・准看護師
・柔道整復師
・あん摩マッサージ指圧師
・介護事務
・医療事務
・その他・無資格

などの各種資格

・特養(介護老人福祉施設/特別養護老人ホーム)
・老健(介護老人保健施設)
・グループホーム(認知症対応型共同生活介護事業所)
・ケアハウス(介護利用型軽費老人ホーム)
・ケアホーム(障がい者共同生活介護事業所)
・有料老人ホーム(介護付き有料老人ホーム)
・サービス付き住宅(サービス付き高齢者向け住宅)
・訪問/ホームヘルプ(訪問介護サービス)
・ショート/SS(ショートステイ/短期入所生活介護)
・デイ/通所(デイサービス/通所介護事業所)
・地域密着型サービス/小規模(小規模多機能型居宅介護)
・訪問入浴/巡回入浴(訪問サービス)

などの各種サービス形態、

といった様々な軸を基準に、あなたのご希望にあった職場の求人情報を探すことができます。

また、求人情報も、ハローワークなどの紙媒体に比べ、充実した内容を掲載しており、転職先を決めるにあたって、給与や勤務条件などの表面的な要素のみならず、 その職場で働くスタッフの声や、実際の職場風景写真など様々な要素を元に、ご検討することが可能となっております。

ホームヘルパーの仕事と求人

最近、ホームヘルパー求人が多く出されているのを目にすることも多いと思います。

ホームヘルパーとは、介護施設で行う介護ではなく、介護を必要としている方のご自宅に、指定された日時に出掛けて、指示された家事、もしくは介護業務を行います。

ヘルパーステーション、居宅介護サービスの事務所といったところに所属して働きます。

家事業務とは、出掛けるのが難しい利用者の代わりにスーパーマーケットに買い物に行ったり、片付けや掃除をしたり、食事を用意したり、といったことです。

介護業務は、シーツを交換したり、お風呂などの介助や、食事をする手助けを行います。

1時間ほどを1つの単位として介護を行います。

介護施設などに出掛ける手助けを行うこともあります。

お住まいの近くの介護施設でも、あなたを必要としている方が待ってます。

是非この機会に就職・転職を考えてみて下さい。

無資格未経験の方にオススメ

無資格未経験なら非正規雇用もオススメなワケ!

無資格未経験であればいきなり正社員からではなく、非正規雇用からはじめるのも手です。

特に派遣は未経験の方なら時給も高待遇ですし、なにより派遣会社に相談できたり交渉してもらえたりとサポートが受けられるのでおすすめです。

特別養護老人ホームなどでも非正規雇用で勤めていれば、夜勤をさせる施設はほとんどありません。

夜勤は慣れていないと、思ったより精神的にも体力的にも負担が大きいものです。
ただえさえ未経験で仕事に慣れていないのにさらに夜勤が入ってくると最初はかなり辛いと思います。
ただ給与はもちろん正社員よりも少ないので、そこは念頭に置いておきましょう。
まずは経験を積むため、適切な資格をとって体育ためと割り切ることも必要になります。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

沖縄県の具体的な介護取組内容(参入促進)

介護の3つの魅力(楽しさ・深さ・広さ)の情報発信によるイメージアップ

○(1)高校訪問:高等学校進路指導担当教諭に対し、福祉・介護職の魅力や需要の高さ等を説明、進学に関する相談・助言
○(2)進学説明会:離島を含む県内高校の高校生に対する職業説明や個別進学相談の実施
○(3)オープンキャンパス:職業紹介や体験、在校生や教員による個別相談
○(4)職業講話:小~大学生、一般県民に対し福祉・介護の仕事の大切さと魅力を伝える
○(5)啓発チラシの配布:高校訪問、オープンキャンパス、介護の日関連イベントの際に配布し、福祉・介護の仕事の魅力を伝える

⇒●約2,000人に対する啓発
●介護福祉士養成施設 50人の入学

その他の「参入促進」の取組

○介護福祉士等修学資金貸付事業
○介護福祉士等養成施設に在学し、資格取得を目指す学生に対して修学資金の貸し付けを実施

⇒●91名に対し7,072万円の新規貸し付け

沖縄県の具体的な介護取組内容(資質の向上)

マネジメントや医療的ケア・認知症ケアなどの研修の受講支援

○訪問介護事業所におけるサービス提供責任者の資質向上を目的とする研修を開催【基金】
○喀痰吸引等業務を行う介護職員等を養成するため、介護職員向け研修及び指導者向け研修を実施【基金】
○認知症患者への適切な対応を確保するため、医療・介護従事者に対して研修を実施【基金】

⇒●医療的ケアの実務者を330名養成
●マネジメントの実務者を60名養成
●認知症ケアの実務者を386名養成

その他の「資質の向上」の取組

○市町村、日常生活圏域等に配置される生活支援コーディネーターの養成研修を実施【基金】
○成年後見人の養成及び活動を支援する事業を実施【基金】
○権利擁護支援体制を構築するために、地域支え合い協力員、生活支援員等を養成する研修を実施【基金】

⇒●生活支援コーディネーターを157名養成
●市民後見人を35名養成
●権利擁護の支援者を57名養成

人材育成に取り組む事業所の認証評価制度の検討状況

【現状】
沖縄県人材育成企業認証制度(平成25年11月に創設した、行政が人材育成に優れた企業を認証する全国初の制度。商工労働部雇用政策課が所管。)を創設している。
平成26年度実績:9社が認証取得。うち介護部門は1社。

【今後】
同制度の認知度が十分ではないと思われるので、集団指導等を通して広く周知及び利用促進を働きかけていく。

ページの先頭へ