鹿屋市ヘルパーの介護士転職求人情報

鹿屋市ヘルパーの求人介護施設を探す!

鹿屋市ヘルパーの求人介護施設を探す!
  • 鹿屋市のハローワークで探しますか?
  • 求人誌を買って探しますか?
  • フリーペーパーで探しますか?
  • 知人に紹介してもらいますか?
  • ネットで探しますか?

あなたの条件に合う転職先を探すのに、自力だけで探すのに限界を感じませんか?
鹿屋市にお住いの方で介護職の転職活動に多くみられるのが、『人材紹介会社』に登録をして、鹿屋市内の優良介護施設に転職する方法です。
では具体的に「どうやって」鹿屋市の優良介護施設に転職するのか紹介します。

鹿屋市のおすすめの人材紹介会社とは

鹿屋市のおすすめの人材紹介会社とは
  • 転職決定数No.1の会社
  • 非公開求人や限定求人を多数保有してる会社
  • 5分程で登録が出来る会社

この3つの条件をクリアーしていれば鹿屋市の優良介護施設に転職するチャンスが広がります。
では具体的に「メリット」を紹介します。

鹿屋市の人材紹介会社に登録する3つのメリット

鹿屋市の人材紹介会社に登録する3つのメリット
  • 転職活動の効率化
  • 転職の選択肢が広がる
  • 複数社同時登録が出来て情報が集めやすい
介護士さんを募集してる鹿屋市の介護施設

介護の資格をお持ちでなくても大丈夫!
就職してからキャリアアップする事も出来ますし、まず、あなたが無理なく勤務出来るのか?
実際に介護の仕事に就いてから考えても遅くはありません。
あなたの希望通りの就職をお手伝い!
仕事も大切!でも自分の生活が充実してないと・・・
鹿屋市の人気の介護施設の募集は求人掲載後すぐに定員に達してしまいます。
そこで、おすすめしたいのが介護職求人サイトランキングで非公開の介護施設の求人を探す方法です!

おすすめ介護職求人サイト

カイゴジョブ

カイゴジョブ

カイゴジョブは、東証一部上場企業のエス・エム・エスが運営する介護専門の転職求人サイトです。
全国で3万件以上の求人情報を掲載。45万人が会員として登録しており、求人情報は他社と比較しても充実しています。

有料老人ホーム、グループホーム、デイサービスなどの各種施設形態や、ケアマネ、ヘルパーなどの職種から検索が可能な介護転職サイト。
事前に会員登録が必要ですが求人数が多いため、直接応募をされたい方におすすめの介護求人サイトです。

対応地域全国に対応
求人数約39,000件
人気度★★★★★

カイゴジョブ申込み

転職支援サービスの賢い利用法

    「転職したいのに、踏み切れない」「何となくうまくいかない・・・」

    そんな時は、迷わず転職のプロである「転職支援サービス」に登録して、思い通りの条件で転職しましよう!

    「転職のプロ」の力を借りながら転職活動をしていくことで、あなたひとりで頑張るよりも、あなたにピッタリの転職がスムーズに決められると思いますよ。

    ◆転職支援サービスを使うとこんなメリットがあります!

  • あなたにピッタリの職場や働き方のアドバイスがもらえる!
  • 個人では見つけられない非公開求人情報を紹介してもらえる!
  • 好条件・高待遇の求人情報をいち早く紹介してもらえる!
  • 「転職のプロ」があなたの転職活動を強力にバックアップしてもらえる!
  • その施設の特徴など個別事情の情報も教えてもらえる!
  • 採用試験や面接対策もバッチリアドバイスしてもらえる!
  • 仕事をしながら効率的に転職活動ができる!
  • 最短3日で転職できるくらい転職活動がスピーディー!
  • 完全無料なので安心安全!


  • 転職サービスの賢い利用法のコツは、最低でも2社の転職支援サービスに登録しておくことです。
    条件のいい非公開求人は1社の転職サービスが独占していることもあるからです。

    転職支援サービスを使って、希望どおりの転職を実現しましょう!

ケアマネージャー求人のデマンド

少子高齢化が進行するにつれ、巷では介護の課題が話題にされます。

近年、特筆してケアマネージャー求人のデマンドはとても高まっています。

しかしながら、求人情報に供給が非常に追いつかない実況があります。

この課題は、今後継続すると見込まれておりケアマネージャー不足には各市町村も危惧するところです。

逆に言えば、職業を探し出したいと思ってる方は大きなチャンスです。

今後、デマンドが見込まれる介護施設で勤めることは、働く者の充実感にも繋がります。

また、近頃ではケアマネージャー求人を浸透させるため、市町村が率先して求人情報を公開するなど、たくさんの支援を推進しています。

当然、ケアマネージャーになるためには、たくさんの尽力が不可欠ですし容易になれるものではありません。

資格を獲得するためには、実務とたくさんの体験が不可欠です。

もちろん、しっかりと尽力した方には、ケアマネージャーという資格と充実感、そしてたくさんの利点が持たされることは言うまでもありません。

無資格未経験でもハードルが低い職場は?

無資格未経験でも受け入れてもらいやすい職場もある!

無資格未経験OK!初心者歓迎!受け入れてもらいやすい職場であれば、「デイサービス」や「グループホーム」がおすすめです。

※デイサービス(通所介護)は昼間に日帰りで受けられる介護サービスのことです。
※グループホームは5~9人のユニット単位で互いに役割を分担しながら、生活をします。比較的軽度の認知症高齢者が利用しています。

デイサービス(デイケア)では基本的に夜勤がありません。
認知症の利用者も受入れがあるので、そういったところでは大変ではありますが、寝たきりの人への対応がないため身体的介護が少なく体力的な負担は少ないです。
また、残業もほとんどないという職場が多いです。

施設というより「家」のような感覚なので利用者にとっても介護士にとっても自宅にいるような感覚で過ごせます。

ただ、レクリエーション等で人前で1人で明るく話さないといけない場面があります。
やっているうちに慣れてくる人がほとんどですが、あがり症の方には少し大変かもしれません。

グループホームは夜勤こそありますが、認知症も軽度ですしグループ単位で過ごすため利用者の把握がしやすく密接な介護ができます。

ただ、施設によっては仕事がきつい、介護職員もグループになって動くために人間関係に悩む人も多いようです。

事前に雰囲気を見学したり、介護専門求人サイトを利用して就業後もサポートしてもらうような体制をとっておくと安心でしょう。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

鹿児島県の具体的な介護取組内容(参入促進)

高校教師・親の理解促進、地域志向型の若者の掘り起こしの強化

○遠隔地等の小・中学校,高校,専門学校を訪問して福祉体験教室を開催【基金】
○一般県民を対象とした介護施設の体験ツアーを実施し,施設の紹介や介護の仕事について説明するほか,介護体験により利用者とふれあう機会を提供【基金】
○養成施設・事業所・職能団体の3者が連携して県民向けのイベント等を開催し,介護の仕事の魅力・情報を発信【基金】

高校教師・親の理解促進、地域志向型の若者の掘り起こしの強化

○小中高校生と,介護事業所の職員及び養成施設の学生との相互訪問を実施し,トークセッションや介護体験を通じて介護職への理解を促進【基金】
○大学生等に介護施設におけるボランティア活動の体験機会を提供【基金】

中高年齢者の地域ボランティア参画等の促進

○ふれあい・いきいきサロンに専門家を派遣し,高齢者に介護の基礎的な知識・技術を提供することにより,在宅介護及び地域貢献活動の取組を支援【基金】
○地域住民に介護施設におけるボランティア活動の体験機会を提供【基金】

その他の「参入促進」の取組

○資格を有していない介護職員の定着を支援するため,介護サービス事業所に対して,介護資格(介護職員初任者研修課程)を取得するための経費を助成【基金】
○福祉人材センターにキャリア支援専門員を配置し,求職者と事業所とをマッチング
○就職ガイダンス,就活応援セミナー,就職面談会等の開催

⇒●介護職員の定着促進 200人
●マッチングによる採用 200人
●ガイダンス参加者 220人
●就職面接会参加者 300人

国も鹿児島県をバックアップ

高齢化が進む日本は介護施設・介護職員の重要性が日に日に増しています。
今迄のような介護職は「キツイ」「汚い」などのイメージを払拭する為に、国や各県市町村も改善の取り組みを加速化しています。
介護のライセンスをお持ちの方以外にもキャリアアップ制度を授けるなどして介護の充実を促進しています。
介護職・介護施設には多種多様なサービスがあります。
是非、あなたのライフスタイルに合わせて就職を考えてみたらいかがでしょうか。
介護職は今後も安定した職業である事、行政が先導して充実を促進する分野です。

ページの先頭へ