大野城市グループホームの介護士転職求人情報

大野城市グループホームの求人介護施設を探す!

大野城市グループホームの求人介護施設を探す!
  • 大野城市のハローワークで探しますか?
  • 求人誌を買って探しますか?
  • フリーペーパーで探しますか?
  • 知人に紹介してもらいますか?
  • ネットで探しますか?

あなたの条件に合う転職先を探すのに、自力だけで探すのに限界を感じませんか?
大野城市にお住いの方で介護職の転職活動に多くみられるのが、『人材紹介会社』に登録をして、大野城市内の優良介護施設に転職する方法です。
では具体的に「どうやって」大野城市の優良介護施設に転職するのか紹介します。

大野城市のおすすめの人材紹介会社とは

大野城市のおすすめの人材紹介会社とは
  • 転職決定数No.1の会社
  • 非公開求人や限定求人を多数保有してる会社
  • 5分程で登録が出来る会社

この3つの条件をクリアーしていれば大野城市の優良介護施設に転職するチャンスが広がります。
では具体的に「メリット」を紹介します。

大野城市の人材紹介会社に登録する3つのメリット

大野城市の人材紹介会社に登録する3つのメリット
  • 転職活動の効率化
  • 転職の選択肢が広がる
  • 複数社同時登録が出来て情報が集めやすい
介護士さんを募集してる大野城市の介護施設

介護の資格をお持ちでなくても大丈夫!
就職してからキャリアアップする事も出来ますし、まず、あなたが無理なく勤務出来るのか?
実際に介護の仕事に就いてから考えても遅くはありません。
あなたの希望通りの就職をお手伝い!
仕事も大切!でも自分の生活が充実してないと・・・
大野城市の人気の介護施設の募集は求人掲載後すぐに定員に達してしまいます。
そこで、おすすめしたいのが介護職求人サイトランキングで非公開の介護施設の求人を探す方法です!

介護職求人サイトランキング

1位 カイゴジョブ

カイゴジョブ

カイゴジョブは、東証一部上場企業のエス・エム・エスが運営する介護専門の転職求人サイトです。
全国で3万件以上の求人情報を掲載。45万人が会員として登録しており、求人情報は他社と比較しても充実しています。

有料老人ホーム、グループホーム、デイサービスなどの各種施設形態や、ケアマネ、ヘルパーなどの職種から検索が可能な介護転職サイト。
事前に会員登録が必要ですが求人数が多いため、直接応募をされたい方におすすめの介護求人サイトです。

対応地域全国に対応
求人数約39,000件
人気度★★★★★

カイゴジョブ申込み

2位 かいご畑

かいご畑

かいご畑は、介護職に特化した転職支援サービスです。関西、関東、九州地方に対応しており、転職支援のサポート力は非常に高いと口コミでも評判です。
同社へ来社して面談を行う必要がありますが、希望の条件に沿った仕事の紹介力は高く、独占求人も多いので行く価値は高いです。
早く就労先を決めたい意欲の高い方には特におすすめの介護転職サイトです。

対応地域関東(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県)
関西(大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県)
九州・沖縄(福岡県)
求人数約10,000件以上
特徴・専任コンサルタントが就労を強力にサポート
・給与週払いサービスあり
・友だち紹介で1万円ギフト券プレゼント
人気度★★★★★

かいご畑申込み

3位 きらケア

きらケア

きらケア正社員は、株式会社レバレジーズが運営する介護職に特化した転職支援サービスです。
地域限定(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、大阪府、福岡県)ですが、その地域には集中しているため紹介できる求人が豊富です。

徹底したキャリア相談と、丁寧なコンサルティングで定評があります。職場の内部事情に詳しく、人間関係・離職率・評判など、転職を考える上で欠かせない情報を教えてくれます。

関東や都市部での転職を考える方にはおすすめの転職サイトです。

対応地域関東(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)、大阪、愛知、福岡
求人数非公開
特徴・職場の内部事情に詳しい(人間関係・離職率・雰囲気・評判など)
・スピーディな対応で皆様の負担を軽減
・介護業界を知り尽くしたコンサルタントが徹底的なフォロー
おすすめ度★★★☆☆

かいご畑申込み

介護施設転職情報の詳細はコチラ

介護サービスへの転職は、間違いなく売り手市場です!

条件のいい高待遇の介護士転職求人は、非公開求人となっていることがほとんどです。

カンタンな登録で、非公開求人を含めた高待遇の求人情報を随時案内してくれる「転職サポート」は、介護士の3人に1人が登録済という人気転職サイトです。

介護施設への転職については、1施設ごとの求人数が多いわけではありませんから、募集のタイミングでうまく情報をキャッチすることが希望の介護施設への転職には欠かせません。

介護施設への転職を希望されているのであれば、まず「転職サポートサイト」に登録して、転職に有利になる様々な情報を入手しておいてくださいね。

介護施設転職情報の詳細はコチラ


職種によって仕事の内容が異なるのはもちろんですが、どのような施設で働くかによっても業務は違ってきます。主な施設の種類は以下になります。

・特養(介護老人福祉施設/特別養護老人ホーム)
・老健(介護老人保健施設)
・グループホーム(認知症対応型共同生活介護事業所)
・ケアハウス(介護利用型軽費老人ホーム)
・ケアホーム(障がい者共同生活介護事業所)
・有料老人ホーム(介護付き有料老人ホーム)
・サービス付き住宅(サービス付き高齢者向け住宅)
・訪問/ホームヘルプ(訪問介護サービス)
・ショート/SS(ショートステイ/短期入所生活介護)
・デイ/通所(デイサービス/通所介護事業所)
・地域密着型サービス/小規模(小規模多機能型居宅介護)
・訪問入浴/巡回入浴(訪問サービス)

介護施設転職情報をこまめにチェックして、希望の転職を実現していきましょう!


4人に1人は65歳以上

現在は4人に1人は65歳以上と言われるほどの高齢化社会であり、各市町村でも様々な介護サービスなどの提供を実施または検討されています。

しかし、介護などを必要とする人の数に比べると介護職に携わる人の数はまだまだ不足しているのも現状です。

また介護に携わる職業の資格取得をすることで介護の質の向上も目指す為、ホームヘルパーや介護福祉士、ケアマネージャー、看護師などの有資格者が必要になります。

中でも介護の司令塔の役割をもつケアマネージャーの求人はハローワークの求人情報でもよく目にします。

一人一人にあったケアプランを作成し、どのような介護が必要か常に考え、そのプランに従ってヘルパーや介護福祉士が介護する為とても重要な立場にあるのがケアマネージャーです。

高い介護知識を必要とするこの職業は資格も新しいためまだまだ人手不足なことも現状なのです。

その為求人情報誌などで各介護施設ではケアマネージャーの求人をして有能な人材を求めています。

ケアマネージャーは大変な職業ではありますが、現代の社会問題関わり非常にやりがいのある職業です。

パート勤務するメリット

  • ご主人や子供と向き合う時間を持てる!

    お母さんは家庭の太陽でなければなりません。ご主人も子供も、外では気を使い、責任感を果たしてくたくたになって帰ってきます。家庭が充電場所になっていることが大事です。
  • 子供の成長に合わせて、労働時間を変えられる!

    子供が大きくなると、お仕事できる時間が変わってきます。土日も部活や塾に行き始めると、その間お仕事できるかもしれませんね。
    もっと大きくなると、お母さんがお仕事に行っててもちゃんとお留守番ができるようになります。そうなると、パート勤務ではなくて正社員としてお仕事できるようになるかもしれません。
    その時は、パート勤務で培った経験や知識を活かしてキャリアアップが図れます。
    今はそのための準備期間でもあります。


    ただ、ご自分の生活スタイル、働ける時間、お給料、福利厚生、キャリアアップ、などを多角的・総合的に見る目を持っているのは、転職のプロです。
    自分1人で、多角的・総合的に検討するのは困難です。
    プロの力を借りて、スピーディにパート勤務をスタートさせるのがおすすめです。

  • 転職支援サイトでの就職・転職成功者の声

    ケアマネージャー 千葉県 (50代前半 女性)

    初めての転職活動で少し不安でした。登録させていただいた一番の理由は、面接に同行していただける点でした。事前に、面接でどのようなことを重視して話をしたらよいかのアドバイスもあり、もちろん会社の情報も前もってインプットしていただき、安心して面接に臨むことができました。ありがとうございました。

    【担当エージェントについて】
    担当のエージェントさんには本当にお世話になりました。
    一番はじめのお電話で私の気持ちをくみ取ってくださり、
    なおかつ自分自身でもよくわかっていない私の適性を判断され、私に合う環境のところをご紹介して下さいました。

    面接で緊張してうまく話せない私に代わって、聞きたいことをお話しして下さって、本当に感謝でした。
    いつも絶妙なタイミングでお電話をくださり、私の気持ちを聞いてくださいました。
    何もかも安心しておまかせすることができたのは、担当者さんのお人柄とふところの大きさのおかげさまだと思います。

    就職してからも少しでも不安なことがあれば、相談できる人がいらっしゃるということは本当に心強く安心です。
    どうかこれからもよろしくお願いいたします。
    本当にありがとうございました。

    ヘルパー 栃木県 (20代 女性)

    他社を使った事がないので比較はできませんがサービス面では特に不満等はありませんでした。

    【担当エージェントについて】
    私からのしつこい質問攻撃にも毎回丁寧に答えて下さってとても感謝しています。
    紹介頂いた職場もきちんと私の希望が反映されてて実際に働きに行くのが楽しみでもあります。
    希望の地域が地域なので求人を探すのも大変だったと思います。

    働きながらの転職活動は思ったよりも大変でしたがサポートがあったからこそ、いくつものやまを越えることができました。
    本当にありがとうございました。
    もうしばらく私からのメール攻撃にお付き合い頂くことになるでしょうがよろしくお願いしますね(笑)

    ケアワーカー 東京都 (50代 男性)

    今回、初めて人材紹介サービスを利用しました。
    あまり期待しないで、インターネットから登録したのですが素早い連絡と希望に沿った案件の紹介に驚きました。
    自分では短時間で幅広く探せませんし、希望の年収などもこちらからはなかなか言い出せないものなので助かりました。

    福岡県介護の具体的な取組内容(参入促進)

    介護の3つの魅力(楽しさ・深さ・広さ)の情報発信によるイメージアップ

    ○介護業務の普及・啓発に資する大会開催【基金】
    ○介護の仕事の魅力を紹介するパンフレット、介護福祉士をめざす学生によるフリーペーパーの作成、周知、広報【基金】
    ○認知症の理解に資する大会開催、街頭啓発活動【基金】
    ○認知症の理解・対応に係るパンフレットを、年齢層や理解度別に作成し、配布【基金】

    ⇒●介護体験者や学生等の多様な主体による情報発信により、介護の仕事や認知症に対する理解と認識を深め、介護の仕事への参入を促進する。

    高校教師・親の理解促進、地域志向型の若者の掘り起こしの強化

    ○高校の進路指導の教員に介護職への意識改革を促す介護講座【基金】
    ○中学生・高校生・大学生等を対象として、「介護の仕事」を正しく理解してもうらうための、高齢者ふれあい体験や施設見学、集合体験【基金】
    ○主婦層、退職者、転職希望、保護者等に対し介護職の魅力を伝える地域住民向けの介護体験講座【基金】

    ⇒●実際に体験してもらうことにより、介護の仕事に対する理解と認識を深め、介護の仕事への参入を促進する。
    また、職業選択に影響を与える教員や親に介護職に対する正しい認識を持ってもらうことで、若者の介護職への就職を促進する。

    中高年齢者の地域ボランティア参画等の促進

    ○要支援者等に対する訪問型の生活サービスを提供する担い手を育成【基金】
    ○生活支援コーディネーター養成研修、生活支援サービスボランティア養成研修【基金】

    ⇒●多様な人材として高齢者も養成対象。介護人材確保のすそ野を広げる。
    訪問型の生活支援サービスを提供する担い手:100人養成
    生活支援コーディネーターの養成:150人ボランティアの養成:400人

    その他の「参入促進」の取組

    ○潜在介護福祉士に対して、介護現場から離れていたことへの不安感を払拭すること等を目的とした研修【基金】
    ○介護人材就労支援のための合同就職面談会、潜在的介護資格者むけ介護実技研修【基金】
    ○中山間地域でのモデル的取組として、地域住民への啓発・広報、介護人材の発掘・登録、登録人材への情報提供・就業支援【基金】

    ⇒●有資格者や介護に関心のある人材をターゲットに、掘り起しを行い、介護の仕事への参入を促進する。

    福岡県高齢者等の現状

    福岡県の人口の推移をみると、平成22年(2010年)の507万人から、平成37年(2025年) には486万人、平成47年(2035年) には456万人に減少すると予測されています。
    これに対し、本県の高齢者人口は、平成22年(2010年)の113万人から、平成37年(2025年) には148万人、平成47年(2035年)には150万人に増加すると予測されます。

    医療・介護サービスの充実

    ○地域在宅医療支援センターにおいて、関係機関の協議・交流の場を設け、引き続き地域の特性に応じた連携の促進を図るとともに、在宅医療に関する相談や情報提供を行います。
    ○郡市医師会による地域の特性に応じた在宅医療・介護に携わる多職種連携の推進を支援します。
    ○市町村が主体となって取り組む在宅医療・介護連携推進事業について、支援を実施します。
    ○高齢者等が安心して在宅生活を続けられるようにするため、相談窓口の周知や在宅医療に関する情報の提供を行うとともに、在宅医療に取り組む医師等を増やすための研修の実施や多職種の連携体制の整備を進めます。
    ○高齢者の歯科保健の重要性に関する啓発や、歯科医療と医療や介護との連携体制の構築に取り組み、在宅歯科医療を推進します。
    ○定期巡回・随時対応型訪問介護看護、看護小規模多機能型居宅介護などについて、介護サービス事業者の参入促進を図るための取組みを進めます。
    また、地域包括支援センターの職員や居宅介護支援事業所の介護支援専門員等に対し、その活用を促すとともに、高齢者やその家族に周知を図ります。
    ○新たな介護予防・日常生活支援総合事業が適切かつ円滑に実施されるよう、情報提供や助言等を行い、市町村の取組を支援します。
    ○市町村における生活支援コーディネーター(地域支え合い推進員)の配置や、多様な関係主体間の定期的な情報共有及び連携・強化の場である協議体の設置、生活支援ボランティアの養成を支援し、生活支援サービスの充実強化を図ります。

    ページの先頭へ